アンティーク(骨董) インテリアプロデュース ステンドグラス ランプの灯り 京都情報 プレミアムコレクション プレインカ プレコロンビア ネットショップ オンラインショップ リフォーム ウェブ

■ ANETAKA ANTIQUE MUSEUM − PREMIUM COLLECTION

◇コレクションイメージ
【 チムー文化期 黒地双取手付魚像壷 】
北部海岸地域に栄えたチムー。モチェ文化を受け継ぎ大きな勢力を持っていた。 黒色の精密な造形土器が数多く出土している。 織物、ビーズ細工、金属細工など、さまざまな素材を巧に利用し、交易圏の広さを物語るプレインカ後期の王国。
双方に取手が付き、全体に魚像が表現された南米特有の壷。 黒地をベースに作られる土器はこの時代の特徴。 チャンカイ期と同期に栄えたチムー期よりいちしえの逸品。
土器:南米 プレ・インカ土器
時代:チムー文化期(AD1100〜1470)
寸法:幅12cm×22cm×高さ18cm
⇒ こちらのアンティークに関してのお問い合せはこちらからどうぞ!
[Link]